迷惑電話の対処法

迷惑セールス電話の対処法―電話に出ない

迷惑セールス電話に出てしまうと、相手の営業トークに付き合わされ、大切な時間を何分も失ってしまいます。

時間を失ってしまうだけならまだマシですが、不要な商品やサービスまで購入させられてしまうともう最悪。

余計なお金を支払わされたり、解約や返金を行うために労力を使ってクタクタに疲れてしまいます。

こんな迷惑セールス電話に対処法はいくつかありますが、今回は「電話に出ない」という方法をご紹介します。

迷惑セールス電話はそもそも最初から電話に出ないのがいちばん!

営業電話の上手な対策で最も重要なのは、「営業トークを始めさせないこと」です。

中には喋りの下手な素人もいますが、営業電話をかけてくるのは基本的に営業のプロ。

相手に話すチャンスを与えてしまうと、たちまち営業トークから抜け出せなくなってしまいます。

そのため、迷惑セールス電話に出てしまったら、「迷惑なんで二度とかけてこないで」と言って、相手がしゃべり始める前に電話を切ってしまうのがいちばんの対策です。

とは言え、電話に出てしまった時点で、相手に営業トークをさせてしまう危険があります。

そう考えるなら、そもそも迷惑セールス電話だとわかっているのであれば、電話に出ないというのが一番良いと言えますね。

迷惑セールス電話にはそもそも出ないのがいちばん!

とにかく、営業電話で時間を浪費しないためには、相手にしゃべらせないことが大切です。

そのためには、営業セールス電話だとわかったら、敢えて電話に出ないのもひとつの手。

身に覚えのない電話番号からかかってきたら、とりあえず出ないのがいちばんです。

特に、セールス電話の中にはわざとワンギリを行い、折り返してかけてきた相手に対して営業を行うものもあります。

ちゃんとした用事があってかけてきたのであれば、ワンギリなんてしないもの。

着信履歴が残っていて、コール時間が1秒とか2秒の短いものであれば、迷惑電話だと確信してかけなくても良いでしょう。

身に覚えのない電話を無視してしまったときのリスク

基本的に迷惑セールス電話は無視してしまって問題ありません。

それどころか、いったん営業トークを始められてしまうと、確実に何分か貴重な時間を失ってしまうので、無視した方が良いでしょう。

しかし、身に覚えのない電話の中には、本来であればでなければいけないものもあります。

例えば、次のような電話。

インターネットで申し込んだサービス関係の電話
公共料金やクレジットカードの引き落としができなかった時の電話

インターネット通販でサービスを申し込むと、確認のために連絡がかかってくることもあります。

それを無視しているとサービスの開始が遅くなったり、いろいろと不都合が起こってしまう可能性も。

そして、いちばん厄介なのが公共料金やクレジットカードの引き落としができていなかった場合。

この場合は、クレジットカード会社などから確認や催促の電話がかかってくることがあります。

しかし、クレジットカード会社からの請求の電話を無視して放置していると、クレジットカードが使えなくなったり、信用情報に傷が入ってしまいます。

迷惑セールス電話は無視が基本ですが、ごくまれに必要な電話であることもあるので、「知らない番号はすべて無視」というのはやめた方が良いです。

迷惑セールス電話と必要な電話を見抜く方法!

それでは、迷惑セールス電話と必要な営業電話はどうやって見分ければよいのでしょうか?

折り返して確認してしまうと、営業電話だったときに対応が面倒です。

答えは簡単。

かかってきた電話番号を、インターネットで検索するだけです。

最近では、迷惑営業電話をまとめたサイトがあるため、大抵の番号であればどんな会社がかけているのかすぐに調べることができます。

迷惑セールス電話をまとめたサイトとしては、whone-number.comのようなサイトがあります。

まとめ 迷惑セールス電話は出ないに限る。ただし、電話番号は確認した方が良い

迷惑セールス電話の対策は、とにかく相手に営業トーク・商談をさせないということです。

相手はプロなので、一度しゃべらせてもらうと、なかなか会話を切り上げることができません。

「迷惑だ!二度とかけてくるな!」と言ってガチャ切りもできますが、こういう対応はやった方も気分が悪くなりますしね。

そういうわけで、一番の対策はそもそも電話に出ないことです。

身に覚えのない電話から着信があったら、いったんは無視。

その後、インターネッットで番号を検索し、自分に用事のない電話であれば、無視してしまうのがいちばんです。

ただし、身に覚えのない着信の中には、クレジットカード会社からの連絡など、対応が必要なものもあります。

そのため、ネットで番号を検索するのは必ず行うようにしましょう。

もちろん、迷惑電話だとわかっているのに何度もかかってくるような番号は、着信拒否にしてしまうのも手です。

-迷惑電話の対処法