迷惑電話の見抜き方

会社にかかってきた分かりにくい迷惑営業電話の見抜き方

迷惑セールス電話の中にはすぐに営業電話と分かるものと分からないものがあります。

「不動産投資の件についてお電話を...」とか「インターネットのご利用料金が安くなる...」と言った出だしで始まるのであれば、営業電話だとすぐに分かります。

しかし、企業向けにかかってくる迷惑営業電話の中には、あたかも普通の取引先であるかのように装って電話をかけてくるケースもあります。

お客さんだと思ってまともに対応してしまうと、途中で迷惑営業電話と気づくまで、無駄な時間を使ってしまうことになります。

今回は、すぐには分かりにくい迷惑営業電話の見抜き方について解説します。特に想定しているのは、勤め先の会社にかかってくる、企業を狙った迷惑営業電話です。

分かりにくい迷惑営業電話の見抜き方

最初は迷惑電話とは分かりにくい迷惑営業電話を見抜くポイトンは、次の三つです。

1. 相手の電話の後ろはガヤガヤしていないか
2. 相手の話す内容をチェック
3. 相手の態度から判断する

相手の電話の後ろの環境、話す内容、そして態度の3つをチェックするば、迷惑電話かどうかすぐに判別することができます。

1. 相手の電話の後ろはガヤガヤしていないか

まずは、相手の電話の後ろから聞こえてくる「音」に注目します。

一般的な企業であれば、社内は比較的静かな環境となっているもの。

しかし、迷惑営業電話をかける会社では、社内の複数の営業マンが電話をかけているため、騒音のあるガヤガヤとした環境となっています。

相手の電話の後ろがうるさいようなら、迷惑電話を疑っても良いでしょう。

2. 相手の話す内容をチェック

次にチェックしたいのは、相手の話す会話の内容。

まず、相手が最初に会社名と名前を名乗るかどうか確認します。

常識のある企業であれば、取引先などに電話をかける場合は、まず会社名と電話をかけた社員の名前を名乗ります。
それがないということは、迷惑電話である可能性が高くなります。

また、明確に要件を言わない場合も怪しいです。

迷惑営業電話では「ネット料金がお安くなるキャンペーンについて...」などのように、要件を伝えてから営業トークを始める場合もありますが、何の要件なのか曖昧なまま巧みに会話に引き付ける場合があります。

普通の取引先であれば、はっきりと要件を伝えないことは考えにくいです。

3. 相手の態度から判断する

迷惑営業電話の場合、電話をかけてくる相手は営業トークに全く慣れていないか、逆に妙に慣れているかのどちらかのパターンが多くなっています。

営業トークに慣れていない場合、相手の声が妙に上ずっていたり、テンションの高い話し方で話してくることがあります。

また、1日に何度も営業電話をかけているせいか、声が枯れてガラガラ声となっていたり、息遣いが荒いことも。

言葉遣いがぞんざいで、聞いているだけで不快な気分になるような横柄な話し方をする営業マンもいます。

このタイプは逆ギレしたり、暴言や脅迫を交えて迷惑営業を行ってくることが多いため、特に注意が必要です。

逆に妙に営業トークが慣れている営業マンの場合は、非常に滑らかな話し方をします。

ただし、逆に滑らか過ぎて、話し方が機械的であったり、マニュアル的なしゃべり方となっていることもあります。

職場に迷惑電話がかかってきたときの対応

職場に迷惑営業電話がかかってきたときの対応も、基本的には個人の電話と同じです。

相手に営業トークに引きずり込まれず、毅然とした態度で電話を切ることが大切です。

ただし、職場の方がもう少し丁寧に対応した方が良いかもしません。

そこで、迷惑営業電話の疑いがある場合は、次の三つのポイントを徹底しておきましょう。

1. 会社名と担当者名をしっかりと確認する
2. 相手の素性が分かるまではこちらの名前を名乗らない
3. 上司や担当者に取り次げと言われても、1が確認できない場合は取り次がない

この3つを徹底するだけでも、不要な営業電話の対応や取次を防ぐことができ、社員の貴重な時間を浪費しなくて済みます。

迷惑営業電話のブラックリストを作成することも有効

迷惑営業電話の中には、1度や2度断られてもへこたれず、何度も営業電話をかけてくるものもあります。

同じ迷惑電話に何度も対応するのは無駄の極みですよね。

そんなときはブラックリストを作成し、通話を拒否してしまうのも手です。

ときどきしか迷惑電話がかかってこない場合はリストを作る手間の方が大きいですが、しょっちゅう迷惑電話がかかってくるような場合にはリスト作成は効果的です。

特に企業の場合は、問い合わせの電話番号を公開していることもあり、迷惑営業電話がかかってくる可能性が個人よりも大きくなっています。

-迷惑電話の見抜き方