迷惑電話の対処法

迷惑セールス電話の対処法の基本

どこで電話番号が流出したのか、迷惑なセールス電話がかかってきた。

購入するつもりもないサービスのために、営業トークを聞くのは時間の無駄ですねよ。

最近でも、不動産投資の営業や光回線の営業など、迷惑セールス電話は減るどころか、逆に増えている感すらあります。

とは言え、知らない電話番号だからと言って電話に出ないと、本当はでなければいけない番号だったということもあり、すべて無視することはできません。

今回は迷惑セールス電話の対処方法をご紹介します。

迷惑セールス電話の対処方法!

迷惑セールス電話を受けて、いちばん損をしてしまう人は、「生真面目な人」です。

つまり、本来なら用事のないセールス電話であっても、無碍に断ってしまっては失礼だとちゃんと応対してしまう方は、いつまで経っても営業トークから逃れることができず、なかなか電話を切ることができなくなってしまいます。

迷惑セールス電話をかけてくる人の中には、ほとんど営業の素人もいますが、その多くは相手の心理を読むプロ。

こちらが生真面目で人の話を聞くタイプだと見抜かれてしまうと、相手はチャンスとばかりに営業トークをかけてきます。

誠実な対応をしても、相手には逆に利用されてしまうだけなので、毅然とした態度で断ることが大切です。

どんな断り方が良いのか!?

迷惑セールス電話だと分かった瞬間に問答無用で電話を切ってしまう方法もありますが、これだと相手から恨みを買ってしまう可能性があります。

セールス電話をかけてくるということは、相手は電話番号にくわえて何らかの個人情報を持っているということなので、ヘタに恨みを買ってしまったかと思うと、ちょっと不気味な気分になりますよね。

いくら迷惑営業電話だとは言え、いきなり電話を切られたら不快な気分になってしまうのは当然です。

そこで、相手に営業トークを行わせず、はっきりと拒絶の意志を示す断り方が重要になってしまいます。

その断り方は、「(相手の商品やサービス)には興味ないし、迷惑だから二度と掛けてこないで」というもの。

ポイントは「迷惑だから」、「二度とかけないで」という文言をはっきりと言うことです。

そして、間髪入れずに電話を切ってしまいます。

これなら、無言で切ってしまうわけではないので、相手にもそれほど不快感を与えません。また、「迷惑だから」、「二度とかけないで」と拒絶の意思表示をはっきりとしていることで、こちらに営業を受ける気はないことをはっきりと示すことができます。

しつこい営業マンとは言え、明らかに成約の可能性が低そうな相手に時間と労力を注ぐことはしません。

相手に成約の見込みが極めて薄いと思わせることがポイントですね。

営業マンにしゃべらせないことが重要!

繰り返しますが、相手は営業トークのプロです。

少しでも相手にしゃべらせてしまうと、なかなか会話を打ち切ることができず、たちまち5分も10分も貴重な時間を失ってしまうことになります。

「(相手の商品・サービス)には興味がない」と言えば、「実は他にもおすすめの商品・サービスがあります!」と切り返されますし、「今は忙しいので」と断ると、今度は「では、いつがお時間ありますでしょうか?」という返事が返ってきます。

相手に返答のチャンスを与えてしまうと、こちらが何を言ったとしても、会話が続いてしまうことになります。

そうしてズルズルと会話を続けてしまった挙句、貴重な時間を何分も失ってしまうわけですね。

とにかく、相手に話すチャンスを与えない、商談をさせないのが、迷惑セールス電話の対処において最も重要です。

電話に出てしまったら、とにかく「迷惑!」「二度と電話しないで!」と伝えてガチャ切りを

優しい方や誠実な方ほど、一方的に電話を切ってしまうのは悪いと思ってしまいがちです。

しかし、迷惑セールス電話に対しては、優しさや誠実さは不要。相手に逆恨みされない程度の最低限の礼儀を持って、問答無用で電話を切ってしまうのがいちばんです。

そうでなければ、購入するつもりもない商品やサービスの営業電話に何分も付き合わされた挙句、貴重な時間を失ってしまったり、不快な気分になってしまうのはあなたの方なのです。。

もう一度まとめます。

もし、迷惑セールス電話に出てしまったら、「迷惑!」「二度と電話しないでくれ!」と明確に拒絶の意思表示をしてから、相手がしゃべり始める前に電話を切る。

とにかく相手に営業トークを始めさせないことが重要です。

-迷惑電話の対処法